2014年 02月 06日
ヤドリギの実に出会いました
d0006690_6515038.jpgヤドリギ(宿り木) ヤドリギ科 ヤドリギ属

ヤドリギにも花と実があるのを知ったのは昨年の12月の末でした。

「実は11月〜12月にかけて直径6〜7ミリのやや透明感のある黄色い丸い実」と知って,「近くの公園」のヤドリギを見に行きましたが,実はありませんでした。昨日,「近くの公園」にもう1つヤドリギがあることを知りました。

d0006690_6512929.jpgありました,ヤドリギの実です。ヤドリギの実は最初は緑色で,熟すと黄色に変わるのだそうですが, 充分に熟した半透明の黄色です。

花は2月〜3月に咲くといいますから,花との出会いが楽しみです。できれば,雌花と雄花の両方に出会いたいと思っています。


d0006690_16441376.jpgヤドリギにも花言葉があります。「困難に打ち勝つ」,「忍耐強い」,「征服」です。

「征服」はちょっと違うなと思います。ヤドリギはあくまでも寄生であって,本体(家主)が生きていなければヤドリギも死んでしまうからです。

このヤドリギを見つけたのは,桜の根元にたくさんのヤドリギの葉が散っていたからです。

ヤドリギは常緑樹で,1つの芽から2つに分枝します。ですから,理論的には幾何級数に増えるのですが,このようにたくさんの葉を散らすのは,私には本体(家主)への気遣い,遠慮のように思われました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2014-02-06 18:00 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by korima at 2014-02-06 20:00 x
まだ見たことがありません。
気遣っているって、昔ふうで奥ゆかしい植物ですね。
Commented by gakis-room at 2014-02-06 20:05
korimaさん,
まあ,宿を借りているのですからね。
宿主にはクリ,クワ,サクラ,ブナ,エノキなどがあるようです。
Commented by tona at 2014-02-08 09:01 x
花は見たことがありません。ご覧になったら見せてください。
花言葉にあやかりたいものです。実際はへなちょこです。
Commented by gakis-room at 2014-02-08 09:43
tonaさん,
花は2月〜3月とのことですから,楽しみにしているのですが,
はたして出会えますか,どうか。


<< 流通名は南十字星(サザンクロス...      明朝の最低気温はー5度,日中の... >>