2005年 10月 19日
ロッテvsソフトバンク戦の高い視聴率
在阪テレビ局独自のワイドショウを含めて,昨日のワイドショウでは,ささやかでしたがロッテの31年ぶりのパリーグ優勝を扱っていました。タイガースの優勝とは比ぶべくもありませんが,タイガースとロッテとの人気の落差を考えれば自然のことかも知れません。

ワイドショウのはしごをしていて,二つほど興味深いことがありました。一つはある評論家の「ロッテは改革に成功した球団」との発言です。具体的にどのようなことかは番組の中では不明でしたが,もう少し知りたいと思いました。ひょっとしたら球団のファンサービスへの努力のことかも知れません。

今ひとつは17日のプレーオフ最終戦の視聴率の高さです。関東で17.0%,関西で15.2%だったそうです。関東ではどのテレビ局が放送したのかは分かりませんが,関西でプレーオフを中継したのは,新聞のテレビ番組欄によれば,テレビ大阪,奈良テレビ,びわ湖テレビ,テレビ和歌山の4局で,いずれもUテレビ局ばかりです。

それで視聴率が15.2%であつたということは驚異的なことです。しかも,ロッテもソフトバンクも関西には関わりの少ない球団です。ビデオリサーチによれば,ジャイアンツの関東での平均視聴率は,2002年=16.2%,原監督のもとで優勝した2003年=14.3%,2004年=12.2%,2005年=10.2%と長期低落傾向にあります。今年の後半だけに限れば,7月=8.5%,8月=7.2%,9月=7.2%とかつての面影はまつたくありません。

今週末から,日本シリーズが始まります。「ロッテファンのファン」としては楽しみな1週間になりそうです。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-19 04:23 | つれづれに | Comments(0)


<< 懐かしい勇者      ロッテファンのファン >>