2005年 10月 18日
ロッテファンのファン
ソフトバンクとロッテの試合のテレビ中継を3日間楽しみました。試合もなかなか緊迫したものでしたが,それ以上に私のお目当ては左翼席のロッテファンの応援風景でした。

ロッテファンの応援は,全員が立ち上がって小さなジャンプを繰り返します。プロ野球の応援としては異色で,見応えがあります。逆転負けした15日も福岡の試合を雨の中,千葉の球場で2万人余が応援を続けました。

ロッテファンの応援については,ロッテのオーナーは日本一と言っていますが,バレンタイン監督は世界一と言っています。その監督は球団と掛け合って,昨秋,ファンサービスを担当する部署を新設させています。彼はプレーオフの前日の決起集会にもファンサービスに努めていました。

バレンタイン監督は1995年,ロッテを10年ぶりにAクラス入りさせたにもかかわらず,その年の1年だけでロッテの監督を解任されています。解任の原因は広岡達朗ゼネラルマネジャーとの対立だとされています。

ロッテ球団はセパ交流戦での優勝賞金の半分はファンサービスに使っています。バレンタイン監督を1年で解任した頃のロッテ球団とは変わってきたみたいです。球団の公式ホームページにも「キッズ」などのこどもファンむけの項目のあり,なかなか充実しています。

日本シリーズでは,阪神ではウィリアム投手,ロッテではバレンタイン監督とそして何よりもロッテファンを密かに応援するつもりです。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-18 07:15 | つれづれに | Comments(0)


<< ロッテvsソフトバンク戦の高い視聴率      再び紅玉 >>