2013年 12月 24日
葉の形がおもしろい,ヒイラギモチ
d0006690_17131363.jpgヒイラギモチ モチノキ科 モチノキ属

原産は中国,朝鮮半島で,それで別名はチャイニーズ・ホーリーです。樹高は2〜4mになるようですが,これは50cmほどでした。

葉がヒイラギに似ているので「ヒイラギ」の名前が付いていますが,ヒイラギはモクセイ科です。1cm程の赤色の実が鮮やかで,クリスマスの装飾用に利用されるようです。

葉はヒイラギと違って,台形状で,それぞれの角には鋭い刺があります。この形からでしょうか,ヤバネヒイラギモチ(矢羽柊黐)とも言うようです。

実があるのですから,花も咲きます。雌雄異株ですが,4,5月頃に小さな4弁の白い花を付けるようです。見たいとは思いますが,はたして出会うことができるでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-24 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20142897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tona at 2013-12-25 08:47 x
葉の形、こんなだったのですね。ヤバネヒイラギモチに納得です。
お花に出会えるといいですね。
Commented by korima at 2013-12-25 08:52 x
寒さにまけて、しまいました。
せっかくのクリスマスなのに…。

トゲトゲと赤い実がきれいですが、近くにはないようです。
Commented by gakis-room at 2013-12-25 13:40
tonaさん,
赤い実がなければ気付かなかったかもしれません。
ですから,小さな花が咲いていても見落としそうな気がしています。
Commented by gakis-room at 2013-12-25 13:41
korimaさん,
葉が気に入りました。

お風邪でもめしたのでしょうか,お大事にして下さい。


<< ヤドリギにも花も実もあるようです      テレビ三昧の日 >>