2013年 12月 16日
カーリングと数字
カーリング女子,オリンピック5大会連続,5回目の出場決定

【プレーオフ・2位決定戦】
       1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  計
日   本  1 0 0 1 1 0 0 6 1 ×  10
ノルウェー  0 2 1 0 0 0 1 0 0 ×   4

ここまでは今朝のアップです。以下がきょうの本体の記事です。


【カーリングと数字】

① 0.8mm
 カーリングのシート(競技面)の氷面には,一面にペブルとよばれる氷の小さな粒があります。これは「アイスメーカー」と呼ばれる係が,競技会場の温度,湿度を勘案しながら水またはぬるま湯をまきながら作ります。
 その高さは0.8mm。このペブルによってストーンの速さ,曲がり方が刻々と変化します。ペブルの状態をいかに読む(アイスリーディング)か,カーリングは頭脳戦でもあります。

② 約8個
 重さ20kgのストーンの底面は平らではなく,内側が窪んでいます。その窪みの周囲を「ランニング・エッジ」といいます。この「ランニング・エッジ」の部分だけがペブルと接します。この場合,ストーンを支えるペブルの数は約8個です。このためにストーンと氷面との接触面が少なく,抵抗力が小さくなり,良く滑ることになります。スピードが落ちるとストーンはカールします。
 ペブルの状態は時間とともに変化していきますから,ペブルの状態をいかに読み切るかが勝敗の分かれ目にもなります。

③ 一直線
 ストーンを投げる(ショット)時の姿勢は,右利きの場合は,ストーンと左足のかかとと右足の膝が一直線になります。これはストーンは手で投げるのではなく,ハック(ストーンを投げる時に使う蹴り台,シートの両側に2つずつある)を蹴ったスピード(ウエイトと呼ばれます)を利用してストーンを放つのですが,ストーンの方向を安定させるためです。たまにですが,あえて押し出す選手もいます。

④ 100分の1秒
 スイーパーの1人は,ストーンを投げる時の手前のハウス(ストーンを投げ入れる同心円の部分)の一番外の円に接するライン(バックライン)からストーンを離さなければならないホッグラインの時間を計測します。それによってスピード(ウエイト)の速さを投げ手に知らせます。弱すぎた場合はより強く蹴ることになります。その速さの単位は100分の1秒です。例えば「65」といえば「3.65秒」です。

⑤ 525kcal
 テレビ中継では,ストーンを投げた選手だけでなく,ブラシでスイープした選手がしばしば讃えられます。ストーンは速度が落ちるとカールを始めます。スイープすることによってストーンの直進性を増す(3m位伸びるそうです)とともに,曲がる時点を調節しますから,スイーピングの役割はそれほどまでに重要です。カーリングはアイスリーディングとともにコミニュケーションの競技です。

 スイーパーへの指令は以下の5つです。
  イエス(ヤア−)   スイープせよ
  ハリー       激しくスイープせよ
  クリーン      軽くスイープせよ
  ウォー       スイープできる状態を保て
  オフ        スイープしなくてよい

 フロントと呼ばれる2人(一投目のリードと2投目のセカンド)は1エンドにつき,3人×2回=6回のショットに対してスイープします。その運動量は女子選手(体重50kgとして)の場合,525kcalになるそうです。以下は他競技との計算比較です。
  カーリング   525kcal
  バレー     525
  バドミントン  237
  バスケット   210

今回初めて,スイープを終えた後のスイーパーの激しい息づかいに気付きました。

⑥ GI値「70〜90未満」あるいは大福餅
 5エンドが終わった後に7分間のデッドタイム(休憩時間)があります。選手達はコーチを囲んで何かを食べたりしています。別名「おやつタイム」です。「おやつ」は大抵はバナナとか柑橘類が多いようですが,時にはクッキー類もあるようです。これは疲労回復のため栄養補給が目的です。
 神経を集中させるカーリングでは,後半の残り5エンドのために,脳の疲れを癒し,集中力を回復するためには血糖値を上げることが必要だそうです。そのためには,ある食品栄養学者は,GI値(グリセミック・インデックス値,血糖値上昇反応指数)が,15分後に急上昇して1時間後にピークになるのが望ましいと,いいます。では何が一番適しているか,食品栄養学者によれば,それは大福餅1個だそうです。大福餅1個は約70g,ボリュームも適当だそうです。

⑦ 19時間弱(おまけ)
 これは今回の大会での私のテレビ観戦時間です。私はプレーオフ2試合を含めて8試合を見ました。1試合を2.5時間として
  7試合×2.5時間=17.5時間
  1試合×1.5時間=1.5時間(中国戦で,6エンドで日本がギブアップ)

 ソチ・オリンピックの女子は10チームで争われます。と言うことは,日本は9チームと対戦しますから,うまくいけば日本の試合だけで「9試合×2.5時間=22.5時間」の放送が期待できます。待ち遠しさが募ります。なお,前回のバンクーバー大会での観戦時間は「10試合×2.5時間=25時間」でした。

注:⑦を除き,数字は9月28日にBS1で放送された「ザ・データマン 第7回 カーリングと大福」によります。
[PR]

by gakis-room | 2013-12-16 17:00 | カーリング | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/20108242
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-12-16 10:04
朝、ニュースを見るなりgakiさんの笑顔を思い浮かべました。
Commented by gakis-room at 2013-12-16 10:55
saheiziさん,
目覚めたのが4時。新聞を読むこともなく,すぐに着替えて録画を見ました。
これでオリンピック中継の楽しみが出来ました。
Commented by korima at 2013-12-16 16:07 x
よかったです(*^_^*)
競技に慣れだので、オリンピックが楽しみです。
中国戦は惜しかったです。。。
Commented by gakis-room at 2013-12-16 17:14
korimaさん,
第8エンドはドキドキしながら見ていました。
6点の大量点で,思わず「やった−」と叫んでしまいました。
Commented by korima at 2013-12-16 18:34 x
たびたびm(_ _)m
詳しく書いてくださってありがとうございます。
しっかり読んで、次の観戦に役立てます。
テレビの解説だけではわからないことばかりです。
Commented by gakis-room at 2013-12-16 19:34
korimaさん,
もっと早くまとめたかったのですが,きょうになってしまいました。
まあ,カーリングについての小ネタあるいは雑学みたいなものですが,
お役に立てればうれしいです。


<< 今年も残りはあと2週間になりました      寒い日が続きます >>