2013年 11月 07日
立冬,三日月そして金星
d0006690_1844062.jpgきょうは立冬です。日本の季節では晩秋ですが違和感はありません。

私の理解では,古代中国の都であった西安を基準としての二十四節気でしょうから,「『立秋』に納得しています」で書いたように,中国の西安の11月はまさしく立冬です。
  西安の11月の平均最高気温  12.0度
  東京の12月の平均最高気温  12.3度

それはともかくも,午後6時の気温は17.5度で,風もほとんどありませんから,暖かい宵です。安心して三日月(厳密には4日目の月)と金星を眺めようと,先ほどまで外に出ていました。

かすかに曇っているようで,他の星は見られませんでしたが,金星はさすがに「宵の明星」です。三日月の下にくっきりと金星を見ることができました。

しかし,2010年5月の「三日月と金星の大接近」ほどではありませんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-11-07 18:35 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/19932741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-11-07 21:54
寒いし曇っているようなので横着してここの写真で。
Commented by gakis-room at 2013-11-08 08:30
saheiziさん,
こんな点みたいな金星でよろしければ。
Commented by saheizi-inokori at 2013-11-08 22:01
今夜はちゃんとみました。
Commented by gakis-room at 2013-11-09 07:05
saheiziさん,
昨夜の東京は快晴でしたから,くっきりと見えたことと思います。
Commented by tona at 2013-11-09 08:29 x
我が家からは月の左下方に大きな星が見えるのですが(つまり南西の方向下部)、これが金星でよろしいのでしょうか。
あまりに大きく輝いているので信じられないです。それに比べて他の星は夜の明るい空にはぼんやりとしか見えません。
Commented by gakis-room at 2013-11-09 08:59
tonaさん,
日没直後に南西方向の下部でひときわ輝いているのが金星かと思います。
以下がご参考になると思われます。
  http://www.astroarts.co.jp/special/2013venus/
Commented by tona at 2013-11-09 16:53 x
ありがとうございました。
Commented by gakis-room at 2013-11-09 17:49
tonaさん,
お役に立てたでしょうか。


<< 今年最後の秋晴れ?      寒さ,この感じ方の違いは何だろうか >>