2013年 11月 03日
四季咲きのスミレです,ビオラ・バンクシー
d0006690_16445267.jpgビオラ・バンクシイ スミレ科 スミレ属

ビオラ・バンクシイ(旧称ヘデラケア)と教えていただきました。オーストラリア~マレー半島原産です。ビオラ・バンクシイの改称は2004年と最近のようです。

和名はないようですが,流通名として,パンダスミレ,ツルスミレ,ツタノハスミレ,ツタスミレ,タスマニアビオラなどと多様です。

日本に渡来したものは種子ができなく,匍匐した茎で繁殖するようです。スミレと言えば,春の花ですが,こちらは四季咲きで真冬と真夏以外は花をつけるようです。

また,10センチ位の茎がヒョロヒョロと伸びて,花を付けるのもこの花の特徴でしょうか。

d0006690_16441948.jpg花径は1.5センチくらいです。

白い花弁の中央部は青紫色(この部分をブロッチと言うようです)で,上部に見えるオレンジ色の突起は雌しべの花柱で,その先の針状のものが柱頭です。

【パンジーとビオラ】
パンジーとビオラはどちらも私にはスミレですが,花の大きさによる園芸上の便宜的な区別で,学術的には同じもので明確な違いはないとのことです。

  パンジー 3〜5センチ以上のもの
  ビオラ  3〜5センチ以下のもの

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-11-03 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< きょうの午後,暖房を使いました      きょうも秋は続いています >>