2013年 10月 26日
青空がみたい
d0006690_15164924.jpg大雨をもたらした台風26号が通り過ぎた翌17日は良く晴れました。とは言え,夕方から雲が張り出しましたが,十三夜の月を瞬間的であれ,なんとか見ることができました。

しかし,その後は曇りの日が続いています。まとまった日照時間があったのは21日だけです。それも5.8時間でした。そして降雨がなかったのは,21日〜きょうまでで17日と18日だけです。その雨は秋雨前線によるものだとか。

「気象庁用語」によれば,「秋雨前線」とは「夏から秋への季節の移行期に、日本付近に出現して、長雨をもたらす停滞前線」のことです。また,「デジタル大辞泉」によれば「9月中旬から10月中旬にかけて日本の南岸沿いに現れる停滞前線。秋の長雨をもたらす」とのことです。

10月上旬が暑かったからでしょうか,どうも季節遅れのあるいは季節外れの「秋雨前線」のようです。

明日の天気予報は「晴れ 昼過ぎまで 時々くもり」とのことですから,久し振りの青空を見ることができそうです。ああ,青空が見たい。一人暮らしとは言え,洗濯物が溜まりすぎています。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-26 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by korima at 2013-10-26 20:12 x
洗濯物は部屋干しで生乾き…すっきりしませんね。
明日は「秋晴れ」と予報で言ってて喜んでましたが、
うちの県だけ、午前中曇るそうです。なんでかなぁ。
Commented by gakis-room at 2013-10-26 22:46
korimaさん,
かって周辺の和歌山,大阪,京都,滋賀,三重では大雨・暴風警報が出ているのに,
なぜか奈良だけは注意報止まりだったことがありました。
それでその理由は,奈良地方気象台がへたれなのか,あるいは大仏の法力なのかと,
酒の肴にしたことがありました。


<< 強い毒性があります,ケチョウセ...      おかしな天気,きょうの最高気温... >>