2005年 10月 14日
とうがらしの記憶
d0006690_1405012.gif畑にとうがらしを見つけました。赤色が光ってとてもきれいでした。

店頭では,ししとう,長とうがらし,満願寺とうがらしや宝楽とうがらしなどをを見ますが,それらはすべて緑色で赤色は鷹の爪だけです。このとうがらしの名前は知りませんが,きっと収穫から取り残されたものだと思いました。

私は唐辛子が好きです。うどんだけでなく,ラーメンでも胡椒ではなく唐辛子です。私が唐辛子を好むようになったのは大学時代からです。それははっきりしています。私の生家ではほとんど唐辛子を使いませんでした。

大学の食堂ではよく冷や奴をたべました。その冷や奴にはかつおぶし,生姜とネギの薬味はなく,ただ一味唐辛子だけが振りかけられていました。この冷や奴の食べ方はいまでもときどきしますが,この時から唐辛子を好きになりました。

現在使っている唐辛子は,昨年の12月に韓国で購入したものです。2種類ほどをブレンドして粗挽きにしてもらいました。小ビンに小分けにして冷凍庫で保存しています。うどん,蕎麦はもちろんのこと鍋物にも欠かせない調味料です。
[PR]

by gakis-room | 2005-10-14 02:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/1986483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 悲しき国会議員      しみじみと秋… >>