2013年 10月 21日
今度はかなり違います,気象庁と米海軍の台風27号の予想進路
台風27号の後を追いかけるように,きょうの午前4時25分に台風28号が発生しました。この28号の発生で,10月までの台風の発生数は,1951年の統計開始以来,27号までの9位から6位となりました。

さて,台風27号ですが,気象庁の「5日進路予想」では,「猛烈な」やや勢力を弱めたとはいえ,「非常に強い」台風として,時速15kmで北西に進んでいます。そして,24日から25日にかけて進路を北東に変えて,25日には「日本の南」に達します。

アメリカ海軍の予想では,23日までは気象庁とほぼ同じですが,その後スピードを速めて,25日には四国の南,その後さらにスピードを速めて関東地方通過して,26日は三陸沖です。

         気象庁     米海軍
  24日15時  沖縄の南東   奄美大島の東
  25日15時  奄美大島の東  四国の南
  26日15時  四国の南    三陸沖

気象庁と米海軍との予想進路の違いの大きさの結末が,不謹慎とは思いますが,ちょっと気になります。
※写真はクリックすると拡大します。
d0006690_17173753.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-10-21 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/19856097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-10-21 22:00
出来ればアメリカになって欲しい、どうも気象庁になりそうですが。
土曜日から出かけるもんで。
Commented by gakis-room at 2013-10-22 07:18
saheiziさん,
なんだか接近・上陸しそうな様子になってきました。
接近すれば10月になって4回目です。
これは1955年の4回と並んで最多です。


<< 昨日よりも違いが大きくなった,...      9万2千人が受験,韓国サムスン... >>