2013年 10月 04日
シロワビスケ(?)の実
d0006690_16484985.jpgシロワビスケの実です。「近くの公園」のカンツバキの実は1センチほどですが,こちらは掌に収まるほどの大きさですから,4〜5センチです。

いくつかは薄い褐色ですが,熟した(?)ものは赤味がかっています。

しかしです,
いくつかのサイトでは,シロワビスケは「葯(やく・雄しべの先端の花粉を作る器官)が退化して花粉を作らない」から「シロワビスケには実が付かない」と書かれています。

私が「シロワビスケの実」としたのは,この木が2009年12月8日に書いた「シロワビスケ」だからです。私がシロワビスケとしたのは間違っていたのでしょうか。それとも,シロワビスケは稀に実をつけるのでしょうか。

d0006690_17305181.jpg2009年12月8日のシロワビスケです。

※上の写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-10-04 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by korima at 2013-10-04 21:01 x
うちの団地の椿にも実がなっていますが
ほんまに1センチくらいです。
こんなに大きなのは見たことありません。
椿の木はだいたいわかるので、また散歩の時に探します!
Commented by gakis-room at 2013-10-05 07:38
korimaさん,
最初にこの実を見た時に,余りの大きさにこの木がシロワビスケであることを疑ってしまいました。


<< セキチク,ナデシコとの違いがわ...      1センチほどの花が年中咲きます... >>