2013年 09月 28日
青紫色ですから,ブルーサルビア
d0006690_17215162.jpgブルーサルビア シソ科 サルビア属(アキギリ属)

別名は化粧サルビアだそうですが,なぜ「化粧」なのかは私には不明です。

原産地はアメリカ南西部〜メキシコです。昭和の初めに渡来したようです。サルビアと言えば緋色のものを思い浮かべますが,これは青紫色です。同種の白色(ビクトリア・ホワイト)もあります。

花の形は同じシソ科のラベンダーに似ていますが,ラベンダーはの葉細く,こちらは長楕円形です。

背丈は30〜50センチくらいです。花期は5〜10月ですから,もう終わりの時期です。

d0006690_1722557.jpg花径は1センチほどです。

サルビアについてはこれまで,
サルビア・コッキネア・コーラルニンフ
「サルビア・ミクロフィラ(チェリーセージ)」
「サルビア・ミクロフィラ・ホットリップス」
に出会ってきました。

花言葉は「燃える思い」,「知恵」,「家族愛」です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-09-28 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by korima at 2013-09-29 10:45 x
秋の青空に似合う花の色。もう花時が終わりとは残念です。
Commented by gakis-room at 2013-09-29 14:37
korimaさん,
この株だけに限れば,花穂の一番上が咲くまでにはもう少し時間があります。


<< 秋の日はつるべ落とし      今年も秋は短いのでしょうか >>