2013年 09月 16日
初めての特別警報
d0006690_127995.jpg先ずは写真の説明からです。

【写真・上】
通常の渡月橋と桂川です。手前が北です。(ウィキペディアからいただきました)

【写真・中】
きょうの午前9時過ぎの様子です。位置関係は上とは逆で,手前が南で,左が上流です。水位は何メートル上昇したのでしょうか。増水により,時折,橋桁が洗われています。(テレビからいただきました)

d0006690_1265247.jpg【写真・下】
手前が南です。中の島はすでに冠水しています。渡月橋から嵯峨野に至る道も途中まで冠水しています。よく知っている場所だけに,この冠水は私には驚きです。(産経新聞WEB版からいただきました)


台風18号による大雨について,気象庁は今朝午前5時5分に,京都府,滋賀県,福井県に「大雨特別警報」を出しました。今年の8月30日から導入された「特別警報」の第1号です。

d0006690_1231578.jpg私の計算では,昨日からきょうまでの「24時間降水量」以下のとおりです。

奈良市 160.5mm 観測史上2位,9月としては1位
京都市 220.0mm 観測史上3位,9月としては2位

京都市のこれまでの観測史上9月の2位は,1971年9月6日の205.0mmですから,まさしく「これまでに経験したことのないような」降水量です。

渡月橋(ここから下流が桂川,上流は大堰川)付近および上流と伏見区では増水が激しく,11万世帯,26万8千人に「避難勧告」よりも上位の「避難指示」が出されました。

ところで,「特別警報」が出されたら,「ただちに命を守る行動をとってください 」とのことですが,具体的にどうするのでしょうか。私の場合,マンションの6階ですから,部屋に閉じ籠もるだけのことですが,「避難勧告」にしても「避難指示」にしても,平屋に住んでいる場合はどうするのでしょうか。それにしても私には「11万世帯,26万8千人の避難」のイメージはとてもできません。

それで1959年の伊勢湾台風を思い出しました。当時,名古屋に住んでいた私は床上浸水と1ヶ月以上の避難所生活を経験しました。床上浸水の夜,幸いにも近所の人が「うちの2階においで」と誘ってくれましたが,もし,その誘いがなければどうしていたでしょうか。「避難」のために押しかけたのでしょうか。

私の住んでいた100戸ほどの町では2階建ての家は少なかったように思います。私の家族には避難先がありましたが,他の大部分の人びとはどうしたのでしょうか。床上浸水の中で一晩をすごしたのでしょうか。54年目にして初めて気づきました。
[PR]

by gakis-room | 2013-09-16 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/19663434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-09-16 19:16
一泊旅行にも結構な荷物を持っていく私には直ちに命を守るためであってもなかなか踏ん切りがつきそうにもありません。
目の前に水が来れば別ですが。
Commented by gakis-room at 2013-09-16 19:35
saheiziさん,
宇治市でも2万7千世帯,6万2千人に「避難指示」が出されています。
対象は京都市とあわせると33万人です。
「指示」に従うことが可能な人はどれだけでしょうか。
Commented by 高麗山 at 2013-09-16 22:39 x
私の記憶に残る台風は、ジエーン、第2室戸、伊勢湾の3つです。
伊勢湾台風の時に私は、屋外グランドで球技の国体近畿地区決勝戦をしていました。ゲームにならないのですが、最後まで試合は行われました。帰路は交通寸断、競技場で仮泊しました。  
現在なら、当然予報も確実ですし、当然中止になったでしょう。
万が一決行されれば大問題に発展することは確実でしょうし!
結果は、僅差で敗戦でした。。。 残念!
Commented by gakis-room at 2013-09-17 06:55
高麗山さん,
>ゲームにならないのですが
26日の午後と言えば,暴風警報が出ていてもよさそうですね。
強風の中での試合,ムチャとしかいえないですね。


<< 今年の3月以来です,カーリング中継      マンニィ,台風18号の名前です >>