2013年 08月 25日
不思議な命名です,タイワンレンギョウ
d0006690_1855595.jpgタイワンレンギョウ クマツヅラ科 デュランタ属

タイワンレンギョウ(台湾連翹)でしょか。中南米原産で,高さは3mくらいまでになるようですが,これは大きな鉢植えで1mほどでした。

別名はハリマツリ(玻璃茉莉)あるいは属名からデュランタです。玻璃とは水晶,茉莉とはジャスミンのことです。花の形は確かにジャスミンによく似ていますが,なぜ「玻璃」なのか私には不明です。

また,原産地が中南米なのに,なぜ「台湾連翹」なのでしょうか。シナレンギョウ,チョウセンレンギョウはありますが,モクセイ科です。それにレンギョウは4弁花です。

d0006690_1852030.jpg花径は1cm~1.5cmくらいです。

花期は4月〜11月とかなり長期間です。

花の色はムラサキ以外白色もあるようです。面白いのは紫のタイワンレンギョウにはトゲはないのですが,なぜか白にはトゲがあるそうです。

また,葉に白斑のフイリタイワンレンギョウ,葉全体が黄緑色のキバタイワンレンギョウ等,様々な園芸品種があるようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-25 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< まだ8月は終わっていないのに,...      「猛暑日」の連続記録が止まりました >>