2013年 08月 22日
今年は「30年に1度の異常気象」の2回目?
2010年9月1日に気象庁はその年の8月について「観測史上最も暑い夏」「30年に1度の異常気象」としました。それが何を基準にしたものかは私には不明ですが,今年の8月も尋常ではありません

8月のきょう(22日午後5時現在)までの記録です。

  猛暑日の観測地点の累計  3,509地点

昨年の場合は22日までは1,128地点ですから,昨年の3.1倍です。昨年の8月の合計が1,574地点ですから,今年はすでにその2.2倍に当たります。また,8月10日からの記録ですが,

  観測史上1位を記録した延べ数地点数   169地点(33地点のタイ記録を含む)
  8月としての1位を記録した延べ地点数  235地点(38地点のタイ記録を含む)

と各地でこれまでの観測史上1位,8月としての1位の記録を更新しています。

奈良のきょうの最高気温は37.1度で,連続14日間の猛暑日が続いています。これは2010年8月21日から9月1日までの12日間を超えて新記録です。猛暑日の連続記録は奈良だけではありません。奈良のお隣の京都市は16日間連続中で,これは1946年の連続14日間を超えて,戦後の最長を更新中です。京都府京田辺市ではきょうまで猛暑日の19日間連続を継続中です。

また,大阪市はきょうで16日間連続を継続中で,これまでの記録であった1942年の16日連続に並びました。大阪府枚方市では19日連続猛暑日を更新中です。福岡市でもきようで18日連続の猛暑日です

高知県の四万十市では,8月12日に日本最高記録の41.0度を記録しただけでなく,8月10日から13日まで4日連続して40度を超えるなど,各地で「これまでに経験したことのないような猛暑」が続いています。

気象庁によると「西・東日本では8月いっぱい平年を上回る暑さが続く見込み」とのことですから,今年の8月は「観測史上最も暑い夏」「30年に1度の異常気象」の2度目となりそうです。
d0006690_1822864.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-08-22 18:00 | つれづれに | Comments(0)


<< 「存在してはならない文書」だか...      ブルーファンフラワー,和名は末... >>