2013年 08月 15日
靖国神社参拝論への違和感
靖国神社参拝についての安倍首相の言葉です。

・6日の記者会見
  「国のために戦って尊い命を犠牲にした方々に手を合わせ,尊崇の念を表す気持ちは持ち続けたい」
・15日,代理参拝者への伝言
  「先の大戦でなくなり,犠牲となった先人のみ霊に尊崇の念をもって哀悼の誠をささげてほしい」

これは別に安倍首相に限らず,靖国神社参拝についての大方の言い分です。しかし,私にはいつも違和感があります。

国のために戦って尊い命を犠牲にした」は「国のために戦ってによって戦いを強いられて尊い命を犠牲にした」の間違いではないのかと思います。「国のために」とは「祖国防衛のために」とでもいうのでしょうか。

日米開戦について,自衛のための戦争であったと言う主張もあります。それが1931年の満州事変から始まる15年戦争のすべて指すのであれば「自己都合の国益」のためでしかありません。「自衛のため」とはアメリカによる「対日経済封鎖」,具体的には1939年(昭和14年)7月の「日米通商航海条約破棄を通告」と1940年(昭和15年)1月の「日米通商航海条約失効」を言うのでしょうか。これによって日本は航空機燃料などのアメリカからの輸入ができなくなり,日中戦争遂行にとって苦境に陥りました。しかし,これは「破棄通告」の前年,1938年11月の近衛首相による「東亜新秩序声明」の延長で考えなければならないと思います。

「東亜新秩序声明」では中華民国政府は地方の一政権に過ぎないとした上で,「同政府にして抗日容共政策を固執する限り,これが潰滅を見るまでは、帝国は断じて矛を収むることなし」としています。もとよりアメリカ政府は「声明」以前から日本を敵視していました。しかし,この「声明」によって中国における権益喪失を恐れたアメリカの対日態度は一挙に硬化します。

「私たちは歴史に対して謙虚に向き合い,学ぶべき教訓を深く胸に刻みつつ,希望に満ちた国の未来を切り拓(ひら)く」とはきょうの戦没者追悼式での安倍首相の言葉です。「侵略の定義は定まっていない。国と国との関係で、どちらから見るかで違う」(4月23日の参院予算委員会)の発言の後では白々しさだけが残ります。

犠牲となった先人のみ霊に尊崇の念をもって哀悼の誠をささげ」については,靖国神社参拝への立論としては,私には理解不能です。言うまでもなく,靖国神社に祀られているのは単なる「人の霊」ではなく「英霊」つまりは「護国の鬼」となった神です。そして,「哀悼」とは「人の死を悲しみいたむこと」(岩波国語辞典)です。墓所参拝あるいは慰霊碑参拝でなく,「護国の鬼」となった神に「哀悼の誠をささげる」とはどのように理解すればいいのでしょうか。

私の理解では,神社参拝とは,その祭神の力の加護を得たいと祈願する行為です。祭神の力を「私」あるいは「私の考える世界にあまねく及ぼして欲しい」と祈願することです。ですから,靖国神社参拝とは「護国の鬼」の力の加護を得たいと祈願することです。その祭神を「哀悼する」とは,論理的には人間の傲慢,神への冒涜にはならないのでしょうか。まさか,祭神となったはずの「護国の鬼」の怨霊が暴れ出さないために,これを鎮めるために参拝するというのではないでしょうね。
[PR]

by gakis-room | 2013-08-15 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/19468974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2013-08-15 21:05 x
年々、八月十五日前後の報道には違和感がありましたが
ことしはまた一段とひどい気がします。
(ごまかしといい逃れと開き直り)

いま「近代朝鮮と日本」を読んでますが
このへんの歴史をいいかげんにして来たことが
最近の風潮につながっているような気がします。
習わなかったことばかりです。
Commented by saheizi-inokori at 2013-08-15 21:34
産経新聞で長谷川三千子が、橋川文三が敗戦について「イエスの死にあたるもの」を求められないかと問いかけたことを書いてます。
「日本の神は敗れたのか」、敗れたとしているのが彼らかもしれないですね。
Commented by gakis-room at 2013-08-16 07:43
korimaさん,
8年前の8月15日に靖国神社に行きましたが,粛々と参拝にはほど遠く,ただただ喧騒だけでした。
靖国神社のホームページでは,参拝目的を「哀悼」とは言わず,「神霊を偲ぶ」と言っています。
Commented by gakis-room at 2013-08-16 07:56
saheiziさん,
長谷川三千子の言わんとするところは,「最悪の敗北の瞬間に,初めて自分たちとの神との対面をはたした」ということでしょうか。つまりは初めて目的意識的に神を自覚したということかなと思いました。

この人,歴史的仮名遣い論者のようですが,漢字については新字体なんですね。
Commented by saheizi-inokori at 2013-08-16 10:58
せんじつの「戦争絶滅請け合い法案」の記事を紹介させていただきました。悪しからずご了承ください。
Commented by gakis-room at 2013-08-16 11:19
saheiziさん,
どうぞどうぞ。
ご丁寧に恐縮です。


<< サンゴジュ(珊瑚樹)の実が赤く...      涼しい朝でした >>