2013年 07月 14日
イチョウの若木のその後
d0006690_17172326.jpg6月12日に書いたイチョウの若木のその後です。若木は5本のうち2本になってしまいました。

写真はその時のイチョウの若木のきょうの姿です。成長が早いのか,遅いのかは分かりませんが,ほんの一回りほど大きくなったでしょうか。

人の都合によって途絶えることなく,なんとか育ってほしいと思ってます。

人の都合と言えば,ネジバナもそうでした。例年よりも少し遅く咲き始めてのですが,群生となる前に除草作業で消されてしまいました。もっとも「人の都合」言うのは正確ではありません。正しくは「私だけの期待に反して」と言うべきかと思います。

d0006690_17174758.jpgこんな所にもイチョウの若木がありました。これまで気づきませんでした。

こちらの行く末はどのようになるのでしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-07-14 18:00 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by 高麗山 at 2013-07-14 23:29 x
現在の家に引っ越して四半世紀なるのでしょうか、
前の住まいの庭に生えていた銀杏を鉢植えにして
持ち込んだのが、今年ようやく、一粒結実したようです。

妻に言われて、今朝確認しました。   鉢植えだから
でしょうか、結実に四半世紀もかかるとは!
Commented by korima at 2013-07-15 09:41 x
舗道の陰の銀杏の若芽、どっち向いて伸びたらいいか、
迷ってるみたいです。健気ですね。がんばって顔出して~。
Commented by gakis-room at 2013-07-15 10:18
高麗山さん,
結実には雄花と雌花が必要ですが,
鉢植えは成育がゆっくりなのでしょうか。
Commented by gakis-room at 2013-07-15 10:20
korimaさん,
多分手前(歩道側)に伸びてくると思うのですが,
健気ですよね,応援しています。


<< 暑さの中休み?      なぜ5月27日からなのだろうか >>