2013年 07月 11日
もっと大きな声で,「安倍内閣は最低賃金を引き上げる」と
d0006690_19142814.jpg10日の時事通信(電子版)によれば,安倍首相は10日のテレビ朝日の番組で,最低賃金引き上げについて,「第1次安倍政権下で『10円以上上げた』」と実績を強調し,その上で,2013年度改定でも同様の大幅引き上げが「十分に可能だと思う」との認識を示したようです。

最低賃金の大幅な引き上げについては,まったく異存がありません。特に2012年の場合,北海道,岩手,東京,神奈川,大阪,広島の5都道府県では生活保護基準を下回っており,生活保護に頼らない自立した労働意欲の観点からも最低賃金の大幅引き上げは望まれるところです。また,最低賃金との関わりが大きいと思われる非正規労働者が,雇用者全体の35%に至っている現状を考えればなおさらのことです。

ところで,時事通信の最低賃金の引き上げは「10円以上は可能」との記事を見て,「嘘!」というのが私の感想でした。

以下は,最低賃金の引き上げに時の政権が大きな役割を果たすとの前提です。


d0006690_19305570.jpg最低賃金の適用労働者数による「全国加重平均」の推移をみれば,確かに第1次安倍内閣の時には,前年の3倍近い14円の引き上げです。しかし,これは最低賃金が小泉政権下の2001年以降では据え置きに近い状態,つまりは6年間の「冷淡さ」のツケを払っただけと言えなくもありませんが,それでも飛躍的な引き上げです。

しかし,福田政権下ではそれ以上引き上げがなされています。特筆すべきは麻生政権時の2009年の10円の引き上げです。前年の9月,2008年9月のリーマンショック(麻生首相は「全治3年」とかいっていました)の翌年のことです。

ここは是非とも「10円以上の引き上げ」なんてケチなことを言わないで,「アベノミクスは2008年(福田政権)の16円,さらには2010年(菅政権)の17円を超えます」とは言わないでしょうね。もっとも民主党は「最低賃金を1000円に」とか言っていたことなんてすっかり忘れていますが。
[PR]

by gakis-room | 2013-07-11 20:00 | つれづれに | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2013-07-11 20:13
そういうことは一体誰が声にだすのでしょうか。
被害者が?無力感が募ります。
Commented by korima at 2013-07-11 21:55 x
表を見ると、コイズミ首相時代のすごさがわかりました。

今回もテレビ用の“サービス”発言でないことを願います。
Commented by gakis-room at 2013-07-12 08:38
saheiziさん,
アベノミクスの効果がきわめて限定的との批判を払拭したいのでしょうね。
Commented by gakis-room at 2013-07-12 08:40
korimaさん,
私は単なるポーズでしかないと思っています。


<< 私には似つかわしくない午後のお茶      セミが鳴いて,きょうから平年の... >>