2013年 07月 10日
セミが鳴いて,きょうから平年の奈良は61日間の「真夏日」になります
d0006690_17565178.jpg今朝の8時過ぎです。「近くの公園」からクマゼミの鳴き声が聞こえてきました。梅雨明けから2日遅れですが,2005年以降では2番目の早さです。それほどに梅雨明けが早かったということです。

クマゼミも初日でしたからほんのしばらくの間のことで,しかもささやかなものでした。しかし,4,5日もすればあの「90デシベル」の騒音になってしまいます。

ところで,平年の奈良はきょうから「真夏日」になります。「真夏日」は9月8日までの61日間です。奈良の暑さの極値は8月2日から11日までの10日間の32.9度です。

「平年」とは1981年〜2010年までの平均値です。1971年〜2000年までの平均値では,奈良の真夏日は7月13日から9月5日までの54日間,極値は8月2日から4日までの3日間の32.7度です。真夏日の期間と極値の期間が長くなり,極値も0.2度あがったのは温暖化の所以でしょうか。

今年は例年になく暑いようです。「真夏日」はすでに5月に2回,6月に11回あり,7月はきょうで7回目です。「猛暑日」は6月に2回,7月に2回ありました。

とまれ,あの「超えよ,94年」にはなりませんように。
[PR]

by gakis-room | 2013-07-10 18:00 | つれづれに | Comments(0)


<< もっと大きな声で,「安倍内閣は...      「一面の」とはいいもんだ,トレニア >>