2013年 06月 30日
ワイヤープランツにも花があります
d0006690_15351742.jpgワイヤープランツ タデ科 ミューレンベッキア属

ワイヤープランツと教えていただきました。ニュージーランド原産の常緑多年草です。命名は赤茶色の光沢のある細い茎が針金に似ていることからのようです。別名は学名からミューレンベッキアですが,和名はないようです。

近所のフェンスです。匍匐性があり,茎は分枝しながら長く伸びていきます。1cmほどの葉はよく茂り,観葉植物として市販されています。

外では枝が太く硬くなり,よく繁って写真のように賑わった株になり,逆に室内で管は枝がふんわりと長く伸びていくようです。

d0006690_15353588.jpgそれで小さなポットに植えて室内に飾られたりします。検索してみても,多くは観葉植物としての管理の仕方でした。

しかし,ワイヤープランツにも立派な花があります。近寄って見ると5弁の花がびっしり咲いています。

しかし,花径が2ミリ程で,緑色ですから,葉にまぎれてしまって目立つことはありません。せめて白色なら,小さな星をちりばめたように遠くからでも目につくのにと思ってしまいます。

甘い蜜をだすのでしょうか。透明の液体の粒が見られました。目の高さですが,蟻も見られました。一体,蟻はどの様にして蜜の在りかを知るのでしょうか。かつてムクゲの花心にいる蟻を見た時も同じことを考えました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-30 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2013-06-30 22:20
蟻もこの花も、私も似たようなものかもしれないです。
私の気づかない大きな存在があればそう見ているのでしょう。
Commented by gakis-room at 2013-07-01 06:44
saheiziさん,
ただ蠢いている程度と…。


<< 観測史上3位タイの暑さでした,...      よく晴れました,久し振りの「五... >>