2013年 06月 25日
ムクゲがなくなっていました
d0006690_1783872.jpgきょうは雨こそ降りませんが,相変わらずスッキリしない1日です。日照時間は1.2時間(午後5時現在)です。

私の季節感覚では,「近くの公園」でセミの鳴き声が聞こえたら,私は勝手に「梅雨明け宣言」をしています。そして,「近くの公園」の「ムクゲの花が咲いたら1年の半分が終わり」です。

「近くの公園」には3種類のムクゲがあります。白で底赤,白,エンジの八重の3種類です。

きょう,蕾の具合を見に行ったら,私の好きな「白で底赤」のムクゲが2本ともなくなっていました。根元から切り取られています。いつ切り取られたのでしょうか。昨年はありましたからこの1年の間のことです。切り口の状態からはずいぶんと前のようです。

1本の切り株の右上に貧弱ですが若葉が出ていました。この若葉が枝になって,来年には花を付けるのでしょうか。好きだった「白で底赤」でしたからとても残念です。

切り取られたといえば,クワもありませんでした。「異形葉」という言葉を教わったクワでしたのに。口惜しさがつのります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-25 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/19040589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-06-25 21:22
なにかわけがあったのでしょうが、残念なことをしますね。
Commented by gakis-room at 2013-06-26 08:25
saheiziさん,
ムクゲは枯れたのでしょうか。
クワは邪魔者扱いかと思われます。


<< 雨が降ります,雨が降る,6月の...      五月晴れが待ち遠しい >>