2013年 06月 20日
名前は藤原定家に由来します,テイカカズラ
d0006690_1625428.jpgテイカカズラ キョウチクトウ科 テイカカズラ属

テイカカズラ(定家葛)と教えていただきました。有馬温泉で見ました。

石垣に垂れ下がっているように見えましたが,這い上っているようです。「気根」という根を出し,それを他の木の幹や岩,フェンスなどにくっつけて這い上ります。

テイカとは歌人で「百人一首」の撰者,藤原定家のテイカです。こんな由来(謡曲「定家」)です。

式子内親王を愛した藤原定家が,死後も彼女を忘れられず,ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたといいます。ここを訪れた旅僧に,式子内親王の霊は自分の墓に蔦葛がまつわりつく苦しみを訴え,読経によって苦しみから解放されたというものです。

定家は79歳まで生きた人ですが,老人にしてはなんとも罪作りな,ストーカーのような定家さんのお話です。

d0006690_163591.jpg花径は2.5センチ位で,今にも回り出しそうなスクリューのような5弁花です。ちょっと甘い香りがしました。

最初は白色ですが,次第に淡黄色に変わるそうです。また,果実は2本がワンセット,長さ20センチほどでインゲン豆のように垂れ下がるそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-06-20 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/19004655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-06-20 22:50
古事記を読むにつけイニシエの人の方がしつこく頑張りますね。
そういう人たちのことばかりを伝えたのかもしれませんが。
Commented by gakis-room at 2013-06-21 08:43
saheiziさん,
定家がこのようにすさまじい執念を持っていた人とは思われませんが。
定家にはお気の毒な命名です(笑)。
Commented by haruneko3 at 2013-06-21 23:09
名まえの由来からは、想像できぬほど清楚で可愛い花ですね。
Commented by gakis-room at 2013-06-22 07:29
haruneko3さん,
ちょっと遠くから見ても,近寄って見ても素敵でした。


<< 昨日の「月最大24時間降水量」...      恵みの雨です,そして幻の熱帯夜 >>