2013年 05月 24日
イチョウの異形葉
d0006690_17272365.jpg1つの個体に形や大きさの異なる葉が付くことを「異形性葉」と言います。このことを知ったのは,今月初めの「クワの葉」でした。

これはイチョウの「異形葉」でしょうか。切れ込みのある葉と切れ込みのない葉が混じっています。

ネットで検索してみると,「異形性葉」はクワ,イチョウ以外にも,カクレミノ (ウコギ科),ヒイラギ (モクセイ科) ,ヒノキ(ヒノキ科),セイヨウタンポポ(キク科)などにも見られるようです。

このうち,カクレミノ(隠簑)は初めて聞いた名前ですが,常緑の亜高木性の樹木で樹高は5〜7mになるようです。どうも出会うことが難しそうですが,ヒイラギ,セイヨウタンポポなんとかなりそうな期待があります。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-05-24 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 季節の変わり目,きょうから奈良...      覚えられませんねえ,コンボルブ... >>