2013年 05月 22日
きょうは「だまし快晴」ですかね
d0006690_6512030.jpgきょうは西日本を中心に「真夏日」のところが多かったようです。全国の927観測地点のうち,105地点で「真夏日」でした(午後5時現在)。これは14日の112地点に次いで,2番目の多さです。

奈良もまた14日の31.2度に次いで2回目の「真夏日」でした。きょうの最高気温は30.9度で,今月になってから10回目の「夏日」でもありました。

日照時間は11.1時間(午後5時現在)で,上空に雲はほとんどありませんでしたから,気象庁の「天気概況・昼(06:00−18:00)」では「快晴」ということになるかと思います。

  【気象庁用語】
   快晴  雲量が1以下の状態(全天の雲量が1割り以下,目視による)

とはいえ,「雲量」が1割以下であっても,降水や雷現象が起きていたり,霧や煙などによる視程障害現象のために空の状態が視認できなければ快晴とは言いません。

しかし,きょうの奈良は,昨日に書いたように,「視程10km以上」の黄砂の観測(視程障害現象)はありませんが,終日黄砂に見舞われていましたから,上空は「青」ではなく,終日どんよりとしていました。ですからまるで「だまし快晴」みたいなものです。天気がスッキリしないことにこと寄せて,やるべきことを明日に伸ばしてしまうのは,「明日できることはきょうするな」といういつもの私の悪いクセ。

写真は昨日の入り日です。山の稜線はぼんやりとしています。黄砂のせいで太陽はくっきりとした赤でした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-05-22 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2013-05-22 22:32
東京はホントの快晴に近かったなあ。
Commented by gakis-room at 2013-05-23 07:04
saheiziさん,
東京には空があった!


<< 覚えられませんねえ,コンボルブ...      黄砂,黄砂,黄砂… >>