2013年 05月 17日
チューリップのような花をたくさん咲かせます,ユリノキ
d0006690_1621559.jpgユリノキ モクレン科 ユリノキ属

京都駅西側の梅小路公園です。北米原産の落葉高木で,樹高は40〜60mにもなるそうです。明治時代初期に渡来しました。

英名は花がチューリップに似ているのでチューリップツリーですが,渡来当時はチューリップも珍しかったので「ユリ(百合)」になったとか。なんともいい加減な命名と言う気もしますが,属名の「ユリノキ」(Liriodendron)は古典ギリシア語の「百合」と「樹」をあわせた造語だそうですから,「ユリノキ」でもいいようです。

別名はチューリップツリーの他にハンテンボク(半纏木, 葉の形が半纏に似ることから),レンゲボク(蓮華木,花が蓮の花を思わせることから)などです。

d0006690_1623096.jpg花径は5センチくらいです。花弁は6枚,淡黄緑色で,基部に橙赤色の斑紋があります。萼片は3枚で、開花時には反り返ります。

花の中を覗いてみたい思いましたが,3m以上の高さでしたから叶いませんでした。ネットで検索してみると,スズランスイセンと同じように,花の内部にも橙赤色の斑紋があります。

d0006690_1624387.jpg葉は6~15cmで、4~6裂しています。主脈の先端が凹部になるのが特徴的です。別名のハンテンボク(半纏木)この葉の形からです。他にヤッコダコノキ、グンバイノキとも言うそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-05-17 18:01 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2013-05-17 18:20
佳い木ですね。気持ちが爽やかになる木です。
Commented by gakis-room at 2013-05-17 19:19
saheiziさん,
ちょっと風に揺れている感じがよかったです。

私は初めて知りましたが,あちらこちらにあるようです。
国立東京博物館本館前,新宿御苑,東京駅とかにも。
Commented by hisako-baaba at 2013-05-20 06:01
ゆりの木、花のない季節にばかり通りかかるので、花が咲く頃見たいと何年も思っていました。近日中に植物園に行くので、ゆりの木があったらいいなと思います。
Commented by gakis-room at 2013-05-20 06:48
hisakoさん,
私はこの木が好きになりました。
ユリノキに出会えますように。


<< 斑入りのハコネウツギ      トキワサンザシが咲き始めました >>