2013年 05月 11日
瑠璃色の蝶というよりも白ウサギみたいです,ルリチョウソウ
d0006690_11102630.jpgルリチョウソウ キキョウ科 ロベリア(ミゾカクシ)属

ルリチョウソウと教えていただきました。漢字では瑠璃蝶草です。「瑠璃」色の「蝶」のような花ということのようです。

言うまでもなく「瑠璃」色は「ムラサキみを帯びた鮮やかな青」(群青色)ですが,これは白色です。花の色は青、青紫、紺青、赤紫、桃、白などがあるようです。

南アフリカ原産です。背丈は10〜15センチほどで,多数の枝が地を這って伸びています。

別名をルリミゾカクシ(瑠璃溝隠)といいます。属名でもあるミゾカクシ (溝隠、Lobelia chinensis)は溝を隠すほど茂ることから付けられたようです。

d0006690_11102814.jpg花径は1.5センチ程で,たくさんの花が総状花序についています。

上唇2枚は小さく立ち上がり,下唇3枚は大きく横に広がっています。これを蝶に見立てたのですが,私には立ち上がっている上唇の2枚の方が印象的でした。まるでウサギの耳のようです。白色のルリチョウソウですが,その耳に薄紫の色が見られるのも可愛らしさです。

その付け根の所にある褐色の丸いものは蘂(しべ)でしょうか。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-05-11 18:00 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by korima at 2013-05-11 20:23 x
うさぎを飼っておりました。
耳→毛の生え具合、そっくりです~
Commented by hisako-baaba at 2013-05-11 21:38
ふくよかなウサギさんですね。綺麗なお花。
桑の葉が同じ株に3つの形があるとは、びっくりしました。
野の花記念日お楽しみですね。お仲間はどんな方?
Commented by gakis-room at 2013-05-12 09:20
korimaさん,
この耳,すっかり気に入りました。
Commented by gakis-room at 2013-05-12 09:28
hisakoさん,
名前の由来の瑠璃色のものも見られればと思っています。
私はまだ見ていませんが,異形葉は柊にもみられるよです。

野の花記念日の祝宴はバーチャルのことですから(笑)。


<< 韓国では上位の5姓の人口は54...      クワの葉の不思議 >>