2013年 05月 07日
香りが強すぎて…,ハゴロモジャスミン
d0006690_11353433.jpgハゴロモジャスミン モクセイ科 ソケイ属

近所の金網フェンスです。4月19日のモッコウバラの隣です。純白の花を羽衣にみたててハゴロモジャスミン。

中国原産の蔓性の常緑樹です。最大で数メートルにまでなるようです。フェンスの高さは3メートルほどです。

モッコウバラもそうですが,たくさんの白い花がフェンスを覆っている様はちょっとした景観です。

ジャスミンはソケイ(素馨)属の総称で,約200種ほどあるそうです。その中でジャスミン茶の原料になるのはマツリカ(茉莉花)です。他に香りはありませんがオウバイ(黄梅)もこの仲間です。


d0006690_11361028.jpg花径は2センチほどです。中央から飛び出しているものが雌しべでしょうか。近寄って見ても雄しべは見あたりません。

ジャスミンですから,強い香りがします。なんでも「ハゴロモジャスミンは香りの王,バラは香りの女王」とも言われるそうですが,この香り,強すぎて私はちょっと好きになれません。

d0006690_11362244.jpg花も見事ですが,赤い花芽が上に延びた様子も壮観です。この状態が長く続き,開花を待ち遠しく思いました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-05-07 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/18709970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-05-07 21:35
これもモッコウバラも流行りなのでしょうか。
あちこちにもりあがっています。
Commented by gakis-room at 2013-05-08 07:57
saheiziさん,
私には良く分かりませんが,流行りかも知れませんね。
この花を2カ所で見ました。


<< マメ科の花です,エニシダ      雄しべも雌しべもない花?,ロー... >>