2013年 04月 30日
清楚と言ってもいいのでしょうか,カマシア
d0006690_13554866.jpgカマシアユリ科 カマシア属

カマシアと教えていただきました。別名はヒナユリ(雛百合)です。近所の路傍に鉢で出されていました。

北アメリカ原産で5種ほどあるようです。背丈が30センチ程度と比較的コンパクトなエスクレンタ,50〜80センチほどのクシッキー,70〜120センチほどのライヒトリニーなどです。

私の見たものは40センチほどでしたから,クシッキー種でしょうか。長い花穂を伸ばし,下から順に開いていくそうですが,花の数が少ないのは生育不良なのかもしれません。

d0006690_13554722.jpg花径は3センチほどです。1つの花の形はオオツルボに似ていなくもありませんが,オオツルボの方が断然華やかです。

花の色は青紫以外に白,薄青もあるようです。白花であれば清楚感は増します。

花の中央の雌しべの下の緑色の球形は子房かと思います。昨年の5月に見たアレナリア・モンタナも同じ緑色の子房を持っていました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-04-30 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/18669228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-04-30 20:50
いつも見てるのは、白でした。
これはよく見ますね。
Commented by gakis-room at 2013-05-01 07:25
saheiziさん,
比較的新しい花のようです。
オオツルボに似ていると書きましたが,むしろムラサキクンシランに似ています。


<< 下旬は寒い日が続きました,4月の気温      レッドロビンの花 >>