2013年 04月 19日
モッコウバラの花盛り,あらためて撮影し直しました
d0006690_13141849.jpgモッコウバラ バラ科 バラ属

昨日間違えたモッコウバラです。漢字では木香茨あるいは木香薔薇です。

中国原産で常緑つる性低木ですが,成育は旺盛で7m以上にもなるようです。日本には江戸時代の中期に渡来したようです。

花は白色か淡い黄色で,それぞれ5弁の一重咲と八重咲があり,花径3cmくらいの小さな花を散房状に咲かせます。

黄花の一重や白花には芳香はあるようですが,黄花の八重にはほとんど匂いはないようです。昨日の記事で「かすかな匂い」としました。きょうも確かめましたが,木自体の匂いなのかも知れません。

d0006690_13151559.jpg刺がないから扱いやすいと言われていますが,「科学技術研究所」のホームページによると,「八重咲きには刺がありませんが、一重咲きには刺があります」とのことです。

また,一般的にモッコウバラといった場合には,黄色の八重咲を指すようです。秋篠宮家の長女,眞子内親王の「お印」もモッコウバラですが,黄色の八重なのでしょうか。

なお,昨日の記事の写真は14日撮ったものですが,5日後のきょうはすっかり満開です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-04-19 14:30 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 65歳以上人口が少ない沖縄      カロライナジャスミンかな >>