2005年 09月 25日
再び新人議員を嗤う
過日,自民党で郵政民営化法案の部会研修会が行われました。報道では特別国会に再提出される郵政民営化法案は実施時期を半年ほど遅らせるというだけの修正であるとされています。であれば,趣旨説明で直ちに了承で終わるかと思いましたが,どうもそうではなかつたみたいでした。

かなり綿密な研修であったみたいです。選挙の期間中,ただひたすらに「郵政民営化」を叫んできた新人議員への「郵政民営化とは何か」の研修であったようです。

特別国会では,郵政民営化法案を含めて22本の法案が提出されています。これらはすべて賛成多数で可決されることになりますが,与野党を問わず,新人議員のみなさんには国会議員としてはじめて投票権を行使した法案の中身までとは言いませんから,せめて法案の名前くらいは覚えておいてほしいと言いたくなるほどせつない気持ちのきのう,きょうです。
[PR]

by gakis-room | 2005-09-25 09:47 | つれづれに | Comments(0)


<< 1959年9月26日の記憶      嗤ってしまう自民党新人議員研修 >>