2013年 04月 11日
ギンモクセイ(銀木犀)の実を見ました
d0006690_1636360.jpgギンモクセイ モクセイ科 モクセイ属

ちょっと早いかなと思いましたが,駅前広場のタブノキの花を見に行きました。開花はまもなくです。

代わりにギンモクセイの実を見ました。しかし,です。ギンモクセイを検索してみると,ほとんどのサイトでは「ギンモクセイは雌雄異株で,日本へは雄株しか入っていない」とされています。

雄株であれば結実することはありません。日本に雄株しかないのでキンモクセイが結実しないことは以前に教えていただきました。

しかし,「広島県 文化資源詳細情報」に,ギンモクセイも「稀に両性花をもつものがあり結実する」とありました。とすれば駅前のギンモクセイはその「マレ」でしょうか。

d0006690_16441363.jpg私がこの木をギンモクセイとしたのは根元に掛けられたプレートによります。しかし,このプレートの「実:10〜11月」が気になります。

とはいえ,東京都薬用植物園にはギンモクセイの雌株があるようです。とすれば,駅前のギンモクセイは珍しい雌株のギンモクセイなのかも知れません。

両性花であれ,雌株であれ珍しいことには変わりはありません。誰も知らない秘密を知ったような気分です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-04-11 18:00 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2013-04-11 21:48
稀に出会って良かったですね。まあ世の中すべてが稀であるとも言えるんだけど。
Commented by gakis-room at 2013-04-12 08:29
saheiziさん,
ちょっと嬉しい気分です。
Commented by korima at 2013-04-12 10:21 x
うちのあたりには「キン」ばかりです。
葉っぱはそっくりですね。
匂いも似てるんですか?
Commented by gakis-room at 2013-04-12 10:47
korimaさん,
実は私もまだギンモクセイの花は見ていません。
この木に花が咲く頃が楽しみです。

匂いはそっくりですが,キンモクセイほどは濃くないようです。


<< レッドロビンあるいはカナメモチ      まもなく復元完成です,南大門(... >>