2013年 03月 26日
「如月(きさらぎ)の望月」のきょう
d0006690_1571282.jpgきょうは旧暦2月15日,かの西行の言う「如月の望月」です。

 願はくは花の下にて春死なむ
 その如月の望月の頃

この情景では,花は満開なのでしょうか,それともすでに散り始めているのでしょうか。「近くの公園」の桜は七分咲きといったところです。

「如月の望月ころ」については2度書いています。1度目は2010年3月30日です。そして,その時の「近くの公園」の桜は七部咲きから満開を迎えようとしていました。

2度目は昨年の4月5日です。しかし,4月5日は旧暦3月15日で弥生でした。文中で「きょうは旧暦3月15日」と書きながら大きな勘違いでした。それに気づいた翌日に昨日の勘違いあるいは「如月の望月のころ」と訂正をしましたが,その折りに「恥ずかしさと口惜しさ」ついでに旧暦2月15日が新暦では何日になるか,2022年まで調べてみました。

そして,今年の2013年の旧暦2月15日は3月26日であり,奈良の桜の開花の「最早は一昨年の3月20日ですから,来年が暖冬であれば,来年にもその可能性がないわけではありません」と書きました。今年の七分咲きは「半当たり」といったところでしょうか。

西行にとって釈迦入滅の日とされる如月15日が重要なのでしょうが,俗人の私はせっかくの「半当たり」ですから,当たりついでに「満月と桜」を期待しました,しかし,生憎の曇り空です。天文学上の満月は明日です。こちらも「昼過ぎから雨,夕方から曇り」の予想です。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2013-03-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/18422440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< コバルトブルーと黄色のコントラ...      久し振りに入り日を見ました >>