2013年 03月 10日
剪定後のイチョウ
d0006690_18143874.jpg近くの街路樹のイチョウの剪定がおこなわれたのは2月13日のことでした。その鮮やかな仕事ぶりに感心したものでしたが,剪定は大胆に行われました。

単に枝をはらうだけでなく,「本体の太さ以上は許さない」といった感じです。あれから20日近く経ちますが,剪定の跡はまだ生々しさを失っていません。

プロの仕事ですから間違いはありませんが,毎日,それを見るたびに,なんだかとても痛々しさを感じます。

同じようなことが3年前にありました。「近くの公園」のヤナギが強風で折れた時でした。その時の折れたヤナギの剪定は今回の比ではありませんでした。コメントで剪定として「理に適っている」と教わり,納得はしましたが,長い間痛々しさを感じできました。しかし,今ではその痛々しさはまったくありません。

今回は3年前程ではありませんが,剪定跡が気にならなくなるまではかなりの時間が必要なようです。

下の写真は「折れたヤナギ」と剪定直後と現在の様子です。
d0006690_10553279.jpg

[PR]

by gakis-room | 2013-03-10 18:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 葉だけが頼りです,マーガレット      黄砂もやって来た >>