2013年 02月 26日
きょうは「脱出の日」なんだそうです
2月26日,きょうは「脱出の日」だそうです。1815年、流刑されていたナポレオンが地中海のエルバ島を脱出,パリに向かった日で,「嫌なこと,つらいことなどからの脱出」を目指して頑張る日なんだとか。今風に言えば「再チャレンジの日」でしょうか。

1815年2月26日,この日,流刑されていたナポレオンは7隻の船で,およそ千人の兵士と共に,エルバ島を脱出しました。船中で,ナポレオンは部下に「自分は一発の銃をもはなつことはなしに,パリに到着してみせる」と言ったといいます。そして,その通りに,22日後の3月20日の夕刻,チェイルリー宮殿(ベルサイユ宮殿の西に隣接していた)に入ります。「百日天下」の始まりです。

「世界の歴史 10」(中央公論社)によれば,この間のナポレオンの進軍を,当時の新聞は以下のような「見出し」で報じています。

  「怪物,流刑地を脱出」
  「コルシカの狼,カンヌに上陸」         地中海に面するフランスの都市
  「猛虎ガップに現われ,討伐軍派遣さる」
  「悲惨な冒険家,山中で最期をとげる」(デマ)
  「悪霊,グルノーブルを占拠」
  「専制皇帝リヨンに入る、恐怖のため市民の抵抗はマヒ」
  「僭主,パリより50マイルの地点に迫る」
  「ボナパルト,北方へ進撃中。進度の速度増すも,パリ入城は不可能か」
  「ナポレオン,明朝を期してパリへ」
  「皇帝,フォンテーヌブローへ入らせれる」    フォンテーヌブロー宮殿はフランス最大の宮殿

事大主義というか,権力への媚びというか,無節操というか,見事なまでの変身です。今日のジャーナリズムは「200年前のことよ」と嗤うのでしょうね。
[PR]

by gakis-room | 2013-02-26 18:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/17889007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2013-02-26 21:28
正直なもんです。
Commented by gakis-room at 2013-02-27 08:21
saheiziさん,
分かり易いですね。


<< 年中を暑い寒いで暮らしてる      朴大統領の発足を祝う鐘突きイベ... >>