2012年 12月 08日
「熱い」「缶コーンポタージュ」の季節
d0006690_18234295.jpg朝からの外出から帰って,駅に着いたのが午後6時過ぎでした。その時(午後6時)の気象です。
  気温  3.7度
  湿度  34%
  風速  2.3m/s
この「体感温度」は−2.4度です。

駅からは歩いて帰りますから,まだいいのですが,乗り換えでホームに立っている時は,吹きさらしですから寒さはことのほか応えます。そんな時につい手が出てしまうのが,駅の自販機の「熱い」「缶コーンポタージュ」です。

それ以外のもの,例えば「熱い」「缶コーヒー」を買い求めることはありません。外出時はお茶を持って出ることが多いので,夏でも自販機を利用することはほとんどありませんが,冬場の駅のホームでは,この「コーンポタージュ」時々買い求めます。

じっと持ってはおられない熱さです。それで,右手に,左手にと持ち替えて,少しさましてから飲むことになります。朝,昼に買い求めることはありません。大抵は夕刻以降のことです。暖まると言うよりも空腹故なのかもしれません。

以前はプルトップの缶でしたから,コーン粒が缶の底に2,3個残ったりすると,意地汚い私はちょっと悔しい思いをしましたが,最近,写真のような蓋付きのものが発売されました。「最後の一粒までおいしい」かどうかは好みの問題でしょうが,コーン粒を残さないすっきり感(?)はあります。

それに何よりも飲み終わるまでに電車が来てしまった時には,車内で最後の一口を飲み,蓋をして缶をバッグに入れてしまえまる便利さがあります。空き缶を手に持ったまま電車の中にいるのはなんとなく間の抜けた感じがしてしまいます。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-12-08 19:00 | つれづれに | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/17386339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 寒波到来,初雪です      今朝の最低気温は氷点下1.3度... >>