2012年 11月 15日
赤字国債特例法によって財政法が無化された
衆議院解散の条件がそろったそうで,衆議院は明日にでも解散されます。その条件とは以下の3つです。

 ① 赤字国債を発行するための特例公債法案の成立
 ② 一票の格差解消,定数削減
 ③ 社会保障制度改革国民会議の設置

このうち,②の「一票の格差の解消,定数削減」については「定数削減」は通常国会へと切り離し,とりあえず,「0増5減」を成立させるが,日程的な関係から現行の選挙区割りのままで総選挙が行われるるようです。現行の選挙区割りについてはすでに一年半前に「違憲状態」の司法判断が確定しています。この司法判断について,国会は一年半ほど「ほったらかし」にしてきました。つまり「無作為」を積み重ねてきました。その上での総選挙の実施は「違憲状態」から「違憲」へ,つまり「選挙無効」の判断さえ危惧されています。

②に比べれば,ほとんど問題にされていないのが。①の「特例公債法案」です。参議院で多数を占める野党(自公政権下では民主党)は,「ねじれ国会」のもとで,「特例公債法案」を人質に政権を揺さぶってきました。今年度予算は歳入の49%を公債に頼っています。その内,一般財源の不足を補うための赤字国債は87%の38兆3339億円です。これは歳入の42%を占めています。この赤字国債を発行するための法案が「特例公債法案」です。

予算は成立していても,赤字国債を発行できないので,政府の歳入不足はほとんど限界に近づいていましたが,13日,民主,自民,公明の3党合意により「特例公債法案」は成立することになりました。しかし,今回の成立はこれまでとは大きく異なっているところがあります。それは「2015年度までは『特例公債法案』を成立させなくても赤字国債を自動的に発行できる」としていることです。

財政法第4条です。

第四条  国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない。但し、公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額の範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる。
②  前項但書の規定により公債を発行し又は借入金をなす場合においては、その償還の計画を国会に提出しなければならない。
③ 第一項に規定する公共事業費の範囲については、毎会計年度、国会の議決を経なければならない。

財政法は原則的に公債発行を認めてはいません。しかし,例外として,公共事業費等は「但し書き」によって公債発行が認められています。この公債を「4条国債」あるいは「建設国債」と言っています。

問題となっている赤字国債(特例国債)は一般財源の不足を補うためのものです。これを発行するための法的根拠は財政法にはありません。それで,毎年,あくまでも「特例」として臨時法を成立させる必要がありました。赤字国債が初めて発行されたのは1965年度です。その後発行はありませんでしたが,1975年に第2次石油危機による財源不足を補うために発行されました。以降,1991年度〜1993年度の3年間を除き,今年度に至るまで赤字国債発行は恒常化されました。

「特例」を繰り返して延べ35年,その残高は今年度末で,450兆円になります。ちなみに建設国債の残高は247兆円です。恒常化されたとはいえ,「特例」であることには変わりません。その「特例」の審議を放棄すると言うのが今回の「特例公債法案」です。つまりは,3党合意は事実上「財政法第4条を無効」にするということです。これまでの「特例公債法案」の審議が有効であったかどうかは別の問題です。

「特例公債法案」が「参議院で野党の反対で否決された → 両院協議会でも不調 → 歳入不足で予算執行が不可能になった,それでこのことの是非を国民に問う」ことがなぜ選択されなかったのでしょうか。これは単なる「赤字国債」発行の是非の問題ではなく,予算そのものを国民に問うという論理の問題です。
[PR]

by gakis-room | 2012-11-15 18:20 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/17166440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2012-11-15 19:49 x
「政治」が、どんどんお寒くなって行きますね。
時ならぬ冬日はお天気だけで勘弁してほしいですわ。

(もう、今日から“集会”の案内とかで
車が走っておりました)
Commented by saheizi-inokori at 2012-11-15 21:29
民主主義の条件とはなんでしょう?
Commented by gakis-room at 2012-11-16 07:32
korimaさん,
右往左往振りはこの上なく見苦しいですね。
思想・理念はもとよりなく,あるのは保身だけ。
Commented by gakis-room at 2012-11-16 07:33
saheiziさん,
難しい質問です。
自立した市民の存在でしょうか。
Commented by Jade at 2012-11-23 01:14 x
そういえばそんな話をしていたなぁと先生の授業を思い出していました...
私の住んでいる大阪市ではすでに財政の限界が(市民が知らぬ間に)来ていますよ。
Commented by gakis-room at 2012-11-23 07:32
Jadeさん,
返済(償還)の具体策もないままに,借金が慢性化していく蟻地獄,そんな感じですね。
Commented by 村石太ダー&ザード&ジョン at 2012-12-05 14:13 x
自公政権 で プログ検索中です
自公政権が 政権交代の要員は 無駄な税金の使い方だったかなぁ。それと その中で 消費税増税20%ぐらい 
だったかなぁ。その時 民主党は 国の予算の 事業仕分けを する。ダム反対。消費税増税7% 
だった。消費税増税額が かなり 安く 有権者は 思えた。消費税1% 2%の重みは 
中小企業 商店には 重圧だった。倒産 閉店。
自民党の議席は 100議席は 堅く 取る。今回 自民圧勝と言う声も 聞きます。
民主党は 人気を なくしている。第3極とか 第4極とか 違う 呼び方が いいのだろうけれど、議席は 50議席 取れるのか?
3点セット といわれる 政策の逝くへは~
奇跡を 起こすのか。日本の従来の政治に 戻るのかなぁ
歳末衆議院選挙は 第3極を 支持する人にとっては 宝くじで 1等を 当てる ような 選挙かもしれない。
収支は 1等を 取っても プラス マイナス ゼロ~? 年間~
政治研究会(名前検討中
民営化の意味を よく理解していない人も 多いのかなぁ?
Commented by gakis-room at 2012-12-05 17:42
村石太ダー&ザード&ジョンさん,
選挙結果の予測はメディアによってずいぶんと異なりますが,
民主党政権が終焉することだけは確実のようです。

で,その後は?
混沌だけが待っているように思われてなりません。


<< ちょっぴり小春日和      寒い日が続きます,きょうの気温... >>