2012年 10月 24日
花を見落としました,コミカンソウ
d0006690_7233885.jpgコミカンソウ トウダイグサ科 コミカンソウ属

コミカンソウ(小蜜柑草)と教えていただきました。名古屋の家の庭です。背丈は15〜20センチほどです。

農耕伝来とともに伝来した植物(史前帰化植物)とも言われています。長さ6〜20ミリ程の楕円形の葉が規則正しくならんでいます。

以前に見たナガエコミカンソウの葉はもう少し丸みを帯びていました。

d0006690_7433221.jpgたくさんの突起を持つ果実です。大きさは2〜3ミリほどです。この果実がミカンに似ているところからの命名ですが,私にはとてもミカンには見えません。

花は?
すでに花期を過ぎたと思っていましたが,花は葉の裏側に咲くようです。ひょっとしたらまだ咲いていたかも知れませんが,私は見落としました。

名古屋のこと故,もう一度確かめに行くこともできず,ちょっと口惜しく思います。

花の大きさは1ミリにも満たない小ささで,雌雄別花です。小枝の下部には雌花が,枝先には雄花が咲くようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-10-24 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/17045690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 秋の日のつるべ落とし      本来は邪気を祓う日のようです,... >>