2012年 10月 18日
「ムラサキゴテン(紫御殿)」が覚えやすい,セトクレアセア・パリダ
d0006690_193418.jpgセトクレアセア・パリダ ツユクサ科 セトクレアセア属

セトクレアセア・パリダは学名からのようですが,一昨日の「ツルバギア・ビオラケア」と同じようにとても覚えることができそうにない名前です。

和名はないようですが,英名の「パープルハート(Purple Heart)」あるいは「ムラサキゴテン(紫御殿)」で流通しているようです。こちらの方なら覚えられそうです。

アメリカのルイジアナ州やフロリダ州,メキシコ東部の原産で,1955年に渡来したようです。

背丈は30センチほどで,紫色の幅広の葉の茎頂にピンク色の花を咲かせます。

d0006690_1941926.jpg花径は2センチほどです。花の形は同じツユクサ科のオオムラサキツユクサに似ています。

※ 追記
 記事の日付を17日から18日に変更しました(18日6時30分)


※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-10-18 18:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/16996842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2012-10-17 23:30 x
 珍しく我が家にも繁茂しています、家人一同誰も名前を知りませんでした。
 私の観察では、冬季の低温に弱いということが分かっています。軒下かフレームの中で無いと越冬は無理な草花です。
Commented by gakis-room at 2012-10-18 07:06
高麗山さん,
「軒下かフレームの中で無いと越冬は無理」とのことですが,
フェンス沿いに咲いていたこの花の運命はどうなることでしょう。
Commented by tona at 2012-10-18 10:56 x
このセレクトアレアは我が家にもありますが、世話が悪いので花は咲き誇ると言うことなくきています。本当はこの写真のようにこんなにたくさん花を付けるものなのですね!バリダまで知りませんでした。ノートに記入します。
Commented by gakis-room at 2012-10-18 17:21
tonaさん,
「セトクレアセア」の名前でも流通しているようです。

フェンス際でしたからほったらかし状態でした。自然の肥料に恵まれているのかも知れません。
Commented by korima at 2012-10-18 21:16 x
知り合ってます。
葉の色がムラサキなので目立つのです。
花は初めて見ました(^^)
カタカナ名前は難しすぎですね。
Commented by gakis-room at 2012-10-19 07:04
korimaさん,
ムラサキ色の葉の草花はめずらしいですから。

私は和名のあるものは和名で覚えることにしています。片っ端から忘れてしまいますがね。


<< ただいま「秋,急速に進行中」      またも迷走する「雨の神」,台風21号 >>