2012年 09月 30日
コツブキンエノコロでしょうか
d0006690_15181356.jpgコツブキンエノコロ イネ科 エノコログサ属

このエノコログサが以前から気になっていました。背丈が20〜30センチくらいで,花序が2〜4センチ位の小型のエノコログサです。最初はエノコログサあるいはキンエノコロの発育不全かと思いましたが,あちこちで見かけますから発育不全ではないようです。

エノコログサと秋のエノコログサの違いは花序が立っているか,垂れているかですぐに見分けられます。

また,キンエノコロの花序は立っていますが,その名の通り金色(私には淡い褐色にしか見えません)を帯びています。そして,いずれも花序の長さは3〜6センチ,背丈は30〜80センチ位です。

d0006690_15175688.jpg背丈が15〜30センチで,花序が2〜4センチのコツブキンエノコロ(小粒金狗尾草)という種があることを最近知りました。

これはコツブキンエノコロかと思います。

しかし,「日本の野生植物検索表」によれば,「花序の長短は、キンエノコロとの区別キーにならない」とのことですから,これはキンエノコロかもしれません。

とりあえずの私の目安として,背丈が15〜30センチで花序が2〜4センチの小型のものはコツブキンエノコロとしておくことにしました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-09-30 18:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by korima at 2012-10-01 21:06 x
穂が立っているのは“若い”からだと
おもいこんでいました。
あちこちでエノコロ見かけますが
ちょっと大きさにも注意してみます!
Commented by gakis-room at 2012-10-02 07:16
korimaさん,
あれこれ検索して確かめるのですが,
「とりあえず」コツブキンエノコロとしましたように,
不確定なものだけでなく,間違いもあろうと思っています。


<< 中旬までは残暑が続きました,9...      ママコノシリヌグイ >>