2012年 09月 22日
116年振りの秋分の日
d0006690_1136352.jpg
きょうは秋分の日です。祝日としての春分の日・秋分の日は,前年の2月1日に,春分の日・秋分の日の日付が書かれた「暦要項(れきようこう)」が官報に掲載されることによって正式決定となります。したがって祝日としての秋分の日は再来年以降については未決定です。

この春分・秋分の日は太陽が春分・秋分点(黄道を動いていく太陽が地球の赤道の真上,つまり天の赤道を横切る瞬間の位置)を通過する日で,その日時は国立天文台はが地球の自転の遅れなども考慮しつつ,計算して決定しています。きょう,その秋分点を通過するのは23時49分頃のようです。

祝日としての春分・秋分の日は再来年以降は未決定ですが,計算上は何十年も先まで予測計算が可能です。(1900年から)2109年までの春分・秋分の日こちらのサイトで見ることができます。

ところで秋分の日が9月23日からはずれるのは1979年(昭和54年)の9月24日以来,33年振りだそうです。そして,9月22日が秋分の日となるのは1896年(明治29年)以来,116年振りとのことです。また,来年以降の秋分の日は,平年は23日,閏年は22日が続くようです。次に24日が秋分の日となるのは2103年だそうです。

こうした日にちのづれは,地球が太陽の周りを一周する時間を1年=365日としていますが,実際は365.2422日(365日5時間49分)です。つまり,こよみの1年は実際の1年よりも5時間49分短いことになります。それで4年に1度,1日を加えて(閏年)調整しています。

2011年の秋分点の通過時間は9月23日18時05分でした。これに5時間49分を加えると2012年9月23日23時54分となり,23日に収まります。しかし,今年は閏年ですから,1日引き戻されて9月22日になります。

なお,「春分・秋分の日は昼と夜の長さが同じ」とよく聞きますが,これは間違っています。間違いの理由の1つとして「日の出,日の入の定義」の無視があります。

  日の出時間  太陽の一部が水平線上に出た時間
  日の入時間  太陽の全部が水平線上に沈んだ時間

日の出・日の入が太陽の中心点が水平線から出た時・沈んだ時であるのなら昼と夜の長さは(ほぼ)等しくなります。しかし日の出,日の入りの定義から,春分・秋分の日は実際には太陽の大きさの分だけ昼が長くなってしまいます。昼と夜の長さが等しい日は,春分の数日前,秋分の数日後になります。今年の奈良の場合は3月17日と9月27日が昼・夜の時間がほぼ同じです。

【おまけ】
春分の日は3月20日か21日ですが,日本が太陽暦に改暦した1873年(明治6年)以降,1907年,1911年,1915年,1919年,1923年の5年は春分の日は3月22日でした。21世紀に春分の日が22日になることははありませんが,2092年は3月19日が春分の日です。しかし,これは私にはまったく関係のない日です。
[PR]

by gakis-room | 2012-09-22 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2012-09-22 19:46
なるほど。
彼岸花がもう咲きましたか。
Commented by gakis-room at 2012-09-22 19:59
saheiziさん,
116年振りなので今夜は乾杯です。

彼岸花はすでに咲いていますが,今年はちょっと遅いようです。
写真は2009年9月22日に撮影したものです。きょう同じ場所に行ってみましたがいっぱいではありませんでした。


<< 9月の下旬の気候って,忘れてし...      涼しい朝,ようやく秋でしょうか >>