2012年 09月 20日
バスの路線番号をバスと直角に表示,ソウル市の試み
d0006690_1826325.jpg14日の韓国の聯合ニュース(日本語・電子版)が「バスのナンバープレートが側面に」と伝えています。

ソウル市内の主要なバス停では,しばしば長いバスの列ができます。そのために例えば5台並んだバスのどれが乗るべきバスなのかを見分けるのはちょっと簡単ではありません。

ましてやソウル市内の中心部のいくつかのバス停は,バスの運行をスムースにするためにバス停は中央分離帯側に設置されていますから,バス停は細長くなっていますから余計に見分けが難しいようです。

それで,ソウル市ではこのほどドアを開けると,行き先を表示するナンバープレートがバスと直角に表示されるようにしました。これであれば,バス停に並んでいても目当てのバスをすぐに識別することができます。

ソウル市ではこれを順次拡大するとのことですが,面白い試みです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-09-20 18:00 | 韓国あれこれ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/16842260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by korima at 2012-09-20 20:36 x
老眼&近視の者にはありがたい試みですね~
取り入れてほしいです。
Commented by gakis-room at 2012-09-21 08:03
korimaさん,
例えば京都市営バスの場合,所定の場所でしかバスのドアは開けられませんが,
ソウルではそうでもないようです。
この細長い停留所につくとドアは開けられます。
こんな違いがあるようですが,面白い試みだと思います。


<< 涼しい朝,ようやく秋でしょうか      日の入りは6時前になりました >>