2012年 09月 16日
ハッサクについてのいくつかのこと
d0006690_175840.jpgいよいよ,中秋です。きょうは旧暦8月1日。つまりは8月の朔(さく)の日,「八朔」です。したがつて今夜は月は見えません。

古来,八朔は悪日とされ,二百十日・二百二十日と併せて三大悪日とも呼ばれるそうです。ともに台風来襲の特異日とされるそうです。確かに大型で非常に強い台風16号は九州の西海上を北上中ですが,果たしてどうでしょうか。春分から数える二百十日・二百二十日と違って,旧暦8月1日は,新暦では一定しません。

ウィキペディアの「特異日」によれば「9月17日 が台風襲来の特異日」で,統計上,台風が日本列島に上陸する回数が多いとのことです。

それはともかくも,柑橘類の「ハッサク」もこの日を語源としているようです。以下は「語源由来辞典」の説明です。

八朔は、1860年頃、広島県因島田熊町のお寺「恵日山浄土寺」の境内で発見された品種で、「八朔」の名は、当時の住職であった小江恵徳が「八朔には食べられる」と言ったことから名付けられたというのが定説となっている。
ここでの「八朔」とは「八月朔日(さくじつ)」の略で、「朔日」とは「ついたち」、つまり「陰暦の8月1日には食べられる」ということである。


しかし,ハッサクの収穫時期は12月になってからです。なぜ「定説」になったのでしょうか。

きょうから中秋とはいえ,暑い1日でした。
  朝の最低気温   23.3度(平年差,+4.5度)
  日中の最高気温  32.0度(平年差,+3.9度)

しかし,やはり秋をいくつか目にすることができます。「近くの公園」に沿うイチョウのギンナンはすっかり黄ばんでいます。

※「近くの公園」のギンナン,クリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-09-16 18:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2012-09-16 21:12
せっかく月のない日に来たのに曇って星が見えません。沖縄の人からみたら何を言いやがる!でしょうが。
Commented by gakis-room at 2012-09-16 22:46
saheiziさん,
それは残念ですね。
満天の星,ずっーとむかし,蓼科高原で見た星の美しさを思い出します。
もっともその頃は名古屋でも天の川は日常のひとつでした。


<< 珍しくお昼はうどん      きょうは「老人の日」だそうです >>