2012年 07月 06日
アガパンサス,和名はムラサキクンシランです
d0006690_1135236.jpgムラサキクンシラン ユリ科 アガパンサス属

一般にはアガパンサスと呼ばれているようです。和名はムラサキクンシラン(紫君子蘭)です。グーグルで検索してみると,アガパンサスが圧倒しています。
  アガパンサス     821,000件
  ムラサキクンシラン   22,300

しかし,私は私のならいで和名,ムラサキクンシランで覚えることにしました。

和名は「紫」の「君子蘭」ですが,クンシランはヒガンバナ科で別種です。クンシランとは葉はよく似ていますが,花はあまり似ていません。

もっとも普通にクンシランと呼ばれている花は「ウケザキクンシラン(受け咲き君子蘭)」で,本来の「クンシラン」とは別物なんだそうです。

d0006690_1135753.jpg1つの花の花径は10センチを超えています。よくまあ折れないものだと感心してしまいます。

南アフリカ原産で,日本へは明治時代中期に渡来したようです。園芸種は300種以上もあります。背丈も30センチから1メートルを超えるもの大型種まで様々です。私の見たものは1メートル以上の大型種です。花の色は濃紫,淡青,白などがあるようですが,青や紫系統が主流とのことです。

なお,アガパンサスとは,ギリシア語のアガペー(愛)とアンサス(花)の2つの単語の合成で,「愛の花」という意味のようです。そのためでしょうか,花言葉にも「恋の季節」,「「恋の便り」,「恋の訪れ」,「知的な装い」と「恋」が多いようです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-07-06 17:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by korima at 2012-07-06 22:42 x
ちょっと離れた団地の遊歩道にあります。
この間見てきれいだけど何て花だろう、と思っていた
ところでした! ありがとうございます。元気に咲いてました。
Commented by gakis-room at 2012-07-07 07:44
korimaさん,
花が全部開花したらとても豪華な感じですね。


<< 雨の日のよしなしごと,文部省唱...      久し振りの夕焼けです >>