2012年 07月 04日
納得しました,ギボウシの名前の由来
d0006690_16413049.jpg6月15日の「擬宝珠にしてはスマートすぎます,ギボウシ」の続編です。

ギボウシ(擬宝珠)の名前の由来として,このように書きました。

  蕾を橋の欄干の頭部の『擬宝珠』にたとえてギボウ
  シ(擬宝珠)です。ちょっとスマート過ぎるように
  思われますが。

きょう,同じ場所の同じギボウシを見て,私の勘違いに気づきました。ギボウシに見立てた「蕾」とは,まさに開花しようとする「蕾」ではなく,それ以前の「蕾」のことではないでしょうか。

少し開き加減になっていますが,4,5日前であれば,先端も内側にくっついていたように思われます。それならまさに擬宝珠です。

果たしてこんな理解でいいのかは分かりませんが,私なりに納得しました。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-07-04 17:00 | 花の手帳 | Comments(0)


<< 久し振りの夕焼けです      初めての白色のキキョウ >>