2012年 06月 26日
ナンキンハゼの雄花と雌花
d0006690_18154732.jpgナンキンハゼ(南京黄櫨) トウダイグサ科 ナンキンハゼ属

「近くの公園」です。ナンキンハゼの花の盛りです。ナンキンハゼといえば,秋の紅葉と冬の白い実を思い浮かべます。私の町の街路樹にもなっています。

実があるのですから当然のこととして花があります。迂闊にも昨日までこのことに思い至りませんでした。

「ナンキン」は単に中国原産と言うだけのことのようです。中国原産で「ハゼノキ」(ウルシ科)と同じように木蝋をとるので「ハゼ」です。

トウダイグサ科であることは意外でした。トウダイグサ科といえば,エノキグサがあります。こちらはれっきとした草ですが,ナンキンハゼは高木です。

d0006690_18153485.jpgナンキンハゼの花です。花は雌雄同株,雌雄異花です。

雄花は総状花序で,その下部にいくつかの雌花をつけます。1番下の左へひょろっと伸びているのが雌花です。

雄花の雄しべは2本とのことですが,高い所ですから良く分かりませんでした。雌花の花柱は3つに分かれ,先は開きます。

雄花が咲いてしばらくすると雌花が咲きます。逆に「雌花→雄花」もあるようですが,「雌花→雄花」は見あたりませんでした。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-06-26 17:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/16137200
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 増税の前にやるべきこと      ハナツクバネウツギの名前の由来の訂正 >>