2012年 06月 20日
ベニシジミ,蝶の名前です
d0006690_18134878.jpg一昨日,ヤブジラミを撮っている時,ヒメジョオンにとまっている蝶を撮ることかできました。それで調べて見ることにしました。

ベニシジミ シジミチョウ科 ベニシジミ属

大きさは3センチ位です。珍しい蝶ではなく,ありふれたもののようです。漢字では「紅小灰蝶」ですが,なぜ「小灰」が「シジミ」なのでしょうか。手元の国語辞典にも漢和辞典にもありませんでした。

日本には250種ほどの蝶がいるといいます。私の知っている蝶といえばモンシロチョウ,モンキチョウ,アゲハチョウ,カラスアゲハの4種だけです。それにベニシジミが加わりました。

しかし,これから蝶を追うことはありません。まあ,偶然と気紛れ,「たまには蝶もいいかな」といったところです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-06-20 17:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/16081744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2012-06-20 22:19 x
奈良の春日奥山には、国の天然記念物に指定された
ルーミスシジミチョウが棲息していました。
小学生のころは、観察に出かけたものでしたが、
今は、どうなんでしょうかネ。。。
Commented by gakis-room at 2012-06-21 08:15
高麗山さん,
あるサイトに以下のような記述がありました。

西日本の照葉樹林(常緑広葉樹林)に生息しているが、生息地自体が極限される。
本土では千葉県、和歌山県、島根県、山口県が確実な産地として知られているが、
奈良県は国の天然記念物に指定されていたが、薬剤散布で絶滅のようである。


<< きょうは夏至ですが,昼間が1番...      刈り残されていました,ヤブジラミ >>