2012年 06月 05日
曇り空のもと,月蝕を待ちました
d0006690_758570.png左は昨日の午後5時発表の奈良の時系列予報です。そして予報通り,昨夜は1面の曇り空で星1つありませんでした。つまりは月蝕は見られませんでした。

今回の月蝕は,楕円形の軌道を描いて公転する月が地球に最も接近するタイミングと重なるため,いわば「スーパームーンの月蝕」のはずでした。「スーパームーンの月蝕」とは言え,いつもより大きな満月は肉眼では「気のせい」程度でしょうか,それでもちょっとした期待がありました。

午後8時過ぎの最大蝕にあわせて早めに夕食を終え,カメラの電池を確認し準備完了,いそいそと出かけました。しかし,1面の曇り空です。諦め悪く,晴れ間があるかも知れないとかすかな期待を抱いて,「近くの公園」の「私のベンチ」で時を過ごしました。

午後8時の気温は20度,かすかな風に吹かれたひとときではありましたが。
[PR]

by gakis-room | 2012-06-05 17:00 | つれづれに | Comments(2)
Commented by 高麗山 at 2012-06-06 09:56 x
月蝕はハナから諦めていましたが、只今”芥子粒”のような金星痕の黒点を観察してきました!
私にとっては大変珍しいことです・・・
Commented by gakis-room at 2012-06-06 12:35
高麗山さん,
私も2度程外に出ました。
しかし,残念ながら2度ともよくは確認できませんでした。


<< 金星の太陽面通過,確認できませ...      ノイバラは半蔓性で,高く伸びます >>