2012年 05月 27日
アザミという花はありません,これはノアザミです
d0006690_12252071.jpgノアザミ(野薊) キク科 アザミ属

ノアザミです。アザミ類は日本に100種,世界に300種ほどがあり,その総称がアザミで,アザミという個体種はないそうです。

アザミ類の多くは夏から秋にかけて咲きますが,ノアザミはこの時期に咲きます。このノアザミと外見ではほとんど見分けの付かない種に「ノハラアザミ」があるそうですが,こちらは秋に咲きます。

これまでにアザミと付く花を3回記事にしてきました。平地で見られるノアザミがもっとも一般的な種でしょうか。

 アメリカオニアザミ 2009年6月24日 アザミ属
 キツネアザミ 2010年5月25日 キツネアザミ属
 オオカッコウアザミ2010年11月26日 アゲラタム属

いずれも花弁が5枚のまるで糸のような筒状花がたくさん集まって頭状花を形成していますが,その5弁は肉眼ではほとんど分かりません。

なお,まれに白色のものもあるそうです。

※写真はクリックすると拡大します。
[PR]

by gakis-room | 2012-05-27 17:00 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15927586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2012-05-28 12:36
桜という樹もないのですね、そういうならば^^。
Commented by gakis-room at 2012-05-28 13:23
saheiziさん,
そうです。サクラもバラも総称です。
ついでに言えばシラサギという鳥もいません。
ダイサギ・チュウサギ・コサギ・カラシラサギの総称です。


<< 紀元前585年の日蝕の予言      1260年前のきょう,東大寺大... >>