2012年 05月 18日
うっすらと黄砂に覆われた日
d0006690_12462451.png気温は暑いと言うほどでもなく,適当に風もありましたから,午後から「近くの公園」の「私のベンチ」で時間を過ごそうとしたのですが,どうもスキッとはしませんでした。それでそうそうに切り上げました。

上空には青空がないわけではありませんでしたが,東のやまなみもぼんやりとしていました。

黄砂のせいです。毎時の日照時間はそれなりに記録されていますから。地図は午後3時の「黄砂予測図(地表付近の黄砂の濃度)」です。これは地表面から高さ約1000mまでの間の黄砂濃度に応じて色に濃淡を付けて表示されたものです。

目視による「黄砂観測実況図」では観測地点はありません。しかし,それは「目視」では「視程10km以上」とするだけの黄砂がないと言うことのようです。

「目視」の黄砂こそは観測されないものの,きょうは終日黄砂に覆われてスッキリしないまま終わりそうです。

※写真はクリックすると少し大きくなります。
[PR]

by gakis-room | 2012-05-18 17:00 | つれづれに | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2012-05-18 17:23
二度の雷雨と地震の他は五月晴れでした。黄砂は憂鬱ですね。
Commented by 高麗山 at 2012-05-18 19:27 x
昨日の予報は晴れ、なのに何故に曇天?
良く分かりました。
Commented by gakis-room at 2012-05-18 21:23
saheiziさん,
明日はスッキリと晴れて,洗濯日和になりそうです。
Commented by gakis-room at 2012-05-18 21:31
高麗山さん,
それでもきょうの日照時間は8.5時間なんですって。
Commented by hisako-baaba at 2012-05-19 06:13
うっすらでも黄砂は嫌ですね。
紐の結び方、伝統工芸は素晴らしいですね。韓国の本来の色彩は、草木染めの落ち着いた色だった---昔の方が素敵でしたね。
お花の名前をよくご存知で---私はすぐ忘れて、ハコネウツギも毎年訊いたりしています。いつも忘れちゃうのがガウラ。
Commented by gakis-room at 2012-05-19 09:08
hisako-baabaさん,
「韓国の本来の色彩」についてふと思いました,確証があるわけではありません。

花の名前,私もすぐに忘れてしまいます。


<< きょうは5回目の「野の花記念日」です      韓国の「結び目」と色彩 >>