2012年 05月 14日
金環日蝕まであと1週間
d0006690_15105637.jpg金環日蝕まであと1週間になりました。「絶対に見る」と張り切っているのですが,2つの課題に気づきました。

1つは言うまでもなく当日の天気です。奈良地方気象台のきょうの午前11時の「週間予報」では
  21日  曇り時々晴れ  
  降水確率30%  信頼度B
です。

「信頼度B」とは「確度がやや高い予報 適中率が4日先の予報と同程度 降水の有無の予報が翌日に変わる可能性が低い」とのことです。果たしてどうなのでしょうか。

張り切りは空回りに終わってしまいそうです。

いま1つは写真撮影の可否です。これまで夕日をデジカメのモニター越しに撮ったことは何度かあります。その場合でも瞬間的にしかモニターは覗いていません。ファインダー越しに太陽を見ることはありませんが,モニター越しならいいのでしょうか。この場合でも日蝕観察眼鏡を使う必要があるのでしょうか,また,光量調整用フィルターや太陽撮影用フィルターを用意しなければならないのでしょうか。

ところで,日本気象協会のホームページから「最新の日直予報士」で,全国の「金環日食の天気マップ(14日発表)」を見ることができます。これは毎日午後2時30分までにアップされます。左の地図は14日発表のものです。
[PR]

by gakis-room | 2012-05-14 17:00 | つれづれに | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/15864698
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2012-05-14 23:11 x
減光フィルターでも太陽用は、高いうえに、減光率が高いので他に転用が利きにくく、相当自信が無い限り止めた方がよさそうです。場合によっては撮像素子が破壊される場合もあるそうです!
この間、児童が観察する法をTVでやっつていましたが、フィルターで蛍光灯を観たときに、蛍光灯が観えるようでは駄目だと言っていましたから、相当透視度の低いフィルターが必要なんでしょうね。
Commented by gakis-room at 2012-05-15 07:13
高麗山さん,
ありがとうございます。
ちょっと安易に考えていました。
残念ですが,撮影は諦めることにしました。


<< 1センチほどの小さな花です,ヒ...      トベラ,和名です。そして雄花と雌花 >>